体の健康を考えるなら心の健康から!!!

不妊で悩んでいた最初の年の話です。
 
当時の私の仕事は美容コンサル。
日中は新人教育の傍ら資料作成、夜は都心から離れた場所で仕事が終わり終電ギリギリ。
ヘトヘトで帰ってきてごほうびのビールに簡単な食事を作ってシャワーで済ませそのまま就寝。朝は掃除洗濯、たまに時間があれば喫茶店に寄ってタバコを吸いながら目覚めのコーヒー、時間がないからデスクでパンをかじって・・・
なんていう、誰が聞いても明らかに不規則で不健康な生活をしていたものです。
 
 
 

こんな生活をしていたわりに不思議と不妊治療で行ったクリニックでの数値は良好でした。
けどこれが落とし穴でした。
 
 
 

クリニックで出していただく数値というのは
 

 
「数値がいいから妊娠できる」ではなく、
 
 
 
「今のところ際立った異常が数値上はないから、妊娠する可能性がゼロではないかもね。」
 
 
 
くらいのものだと思ってください。
 
結果私もそれから1年半以上できませんでしたから・・・
 

 
 
 
 
 
 
病院で出る検査結果は体の数値です。
 
では質問です。
 
 
 
数値化して計ることのできない
 
 
 

 
ストレス数値
 
 
自信ありますか???
 
 
 
 
・食生活の乱れ(コンビニ、外食、ジャンクフード、野菜不足、過度な飲酒)
・喫煙
・過度なカフェイン摂取
・心のストレスを四六時中感じる(抱えている仕事が多い、人間関係で悩んでいる)
・重度な肉体疲労(朝が辛い、極度の肩こり、慢性的な寝不足)
 
 

これら一つでもあなたの生活に当てはまったら危険信号です。
 
え・・一つでも?と思われるかもしれません。
 
 
 
経験から自信をもってお伝えしますが、上の4つのうちひとつでも、わずかでも自覚があったら直ちに改善してください。
 
なぜって、自分が後悔しないためです。
 
 
あの時もしタバコを吸い続けていなかったらもしかしてできていたかも・・
と悩んでも遅いです。
 
 
 

それに↑上に書いてあるようなことってみんな体に悪いって知ってることです。
 
妊活してる方なら罪悪感を感じながら毎日過ごしていることになり、
つまりその後ろめたい気持ちがストレスになっている可能性があります。

 

私達の体には、心がリラックスして自律神経が整うことで血行が良くなるという一連のメカニズムがあります。
更に血行が良くなることで様々な臓器に栄養や酸素が巡りやすくなり、傷や病気などの回復が早くなります。
 
まとめると
体の健康を考えるなら心の健康を優先させる
ということ!
 
 
もし今のお仕事で過度なストレスを日常的に感じることを自覚しているならば、
お休みするか職場環境を変えることを強く勧めます。
 
これにはかなりの決断力がいりましたが、
私自身できずに2年悩んだ末に実行したのがまず退職という手段でした。

 

 

 

 

仕事は子育てが終わってからもできる。
でも妊活は仕事に満足した40歳からだと遅いよね!
って気付いたからです。

 

 
 
 
 
ちなみに・・・(*^^*)
 
退職

時間ができて自炊が増える

たっぷり眠れるので疲れが取れる

ジョギングなどの適度な運動を
積極的にするようになる

すっきりしてストレスが無くなる


タバコを吸わなくなり、
カフェイン量やアルコール量が減る
 
なんと身を置く環境を変えただけで
妊娠に必要な体の環境まで一気に整ってしまいました(笑)
 
最初はもちろん仕事を辞める悔しさや経済面での不安はありましたが、
妊娠して辛いつわりを経験した時に
「あの環境にずるずると身を置いてなくてよかった」
と心の底から思いました(*^^*)

 

 
仕事を辞められない、今の環境を変えられない、は言い訳です。
慣れた環境を変える勇気をえいっと出してください。
何か大きいものを得るためにはそれなりのものを手放さなければなりませんからね(^^)
 
 
 
1日のうちでリラックスする時間を意識的に取ることってとっても大切です。
私が1ヶ月飲んだだけで妊娠出来たAMOMAのハーブティーは妊活に最適です☆
 
妊娠出来たときに飲んでた奇跡のハーブティー
 
 

 


 

 

 

 

コチラも合わせてお読みください☆
妊娠しやすい体温について
妊娠しやすい体重について